ピックアップニュース

つっぱり大相撲【ファミコン Switch Online】

ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Onlineでプレイできるソフトをレビュー

つっぱり大相撲

コーエーテクモゲームス

目指せ大横綱!新米力士のサクセスストーリー。

このタイトルは、1987年に発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲームです。力士を育てて、番付(ランク)を上げ、横綱への昇進を目指します。一場所では15日間の取り組みが行われ、勝利数によって昇進できるかどうかが決まります。「つっぱり」や「はたき」など相撲特有の技のほか、普通の相撲では見ることのできない隠し技も用意されています。

(ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Onlineの説明より引用)

つっぱり大相撲

概要

テクモ(当時)より発売された相撲ゲーム。家庭用ゲーム機で初の相撲を題材とした作品。

1人用モードでは一人の力士を操作し横綱を目指す。取り組みを重ねて「うでっぷし」を上げていく。

十字キーとABボタンを組み合わせてつっぱりやはたいたり、組んだあと寄ったり押したり投げたりと本格的な取組ができる。

実際の大相撲の決まり手が再現されているが、中にはユニークな決まり手「すうぷれっくす」「あびせたおし」「ぶれえんばすた」「もろだしがある。

また、2人対戦モードもある。

ゲームモード

はじめる 1人用モード。前頭十三枚目からスタートし横綱を目指す。基本的に勝ち越すと昇進。小結以上は昇進の条件が厳しくなる。横綱に昇進し、二場所連続優勝するとクリア。

つづき

たいせん 2人対戦用モード。相撲部屋対抗の5対5の勝ち抜き戦で戦える。

主な登場人物

主人公 プレイヤーである力士。名前は用意された数十種類の漢字から組み合わせて選択する。

百代富士 千代の富士のような力士

小目錦 小錦のような力士

感想

シンプルながら本格的な相撲の取組が楽しめる。レア技の「すうぷれっくす」などに挑戦する楽しさもある。

1人用モードは特に負け越しても番付が降格するなどのペナルティが無いので粘れば誰でもクリアが可能。

必然的にボタン連打が多くなるゲームなので気になる方は連打用のコントローラーを使ったほうが良い。

※随時追記予定。 ガチ勢からの攻略情報などのコメントお待ちしております。

相互RSS様おすすめ記事