ピックアップニュース

バレーボール【ファミコン Switch Online】

ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Onlineでプレイできるソフトをレビュー

バレーボール

任天堂

発売日 1986.7.21

簡単操作でサーブ、レシーブ、トス、ブロック、そしてアタック!

このタイトルは、1986年に発売されたファミリーコンピュータ・ディスクシステム用のスポーツゲームです。本作は基本的に発売当時のルールに準じており、サーブ権があるときに攻撃を決めると1点獲得。15点取ると、1セット獲得。先に3セット取ったチームの勝利となります。サーブがネットに触れた場合、サーブ権は相手チームに移ります。ブロックとアタックはBボタンを押し続けましょう。十字ボタンとの組み合わせで2枚ブロック、クロスアタックやフェイント、クロスフェイントなども繰り出すことができます。

(ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Onlineの説明より引用)

バレーボール

概要

「ベースボール」「テニス」などと同じ任天堂のタイトルそのままのバレーボールゲーム。1人用プレイでは日本チームを操り世界の国と戦う。一試合のみで世界大会が行われるみたいなストーリーはない。2人対戦することも可能。

男子リーグと女子リーグで選択可。男子のほうが球が早い。

日本以外の参加国はCPUの強さ順にソ連、中国、アメリカ、キューバ、ブラジル、韓国、チュニジア。大体当時のリアルの強さ順と同じと言われている。

当時のルールなので今のバレーボールのルールしか知らない場合は戸惑うことも。代表的なのはサイドアウト制。サービス権を持つチームがポイントを獲得できるルール。

ゲームモード

1PLAYER MAN  1人用モード。日本チームを操り世界のチームと対決できる。MANのほうが球が速い。

1PLAYER WOMAN

2PLAYER MAN 2人対戦できるモード。好きな国を選べる。

2PLAYER WOMAN

TRAINING トレーニングモード。

主な登場人物

バレーボール選手 能力差はない

感想

操作が難しい。トレーニングモードでしっかり練習する必要がある。

ルールが当時のものなので人によっては馴染みがないかもしれない。

バレーボールのゲームは現在でもあまり無いのでバレーボールファンの方は一度はプレイしてみては。

※随時追記予定。 ガチ勢からの攻略情報などのコメントお待ちしております。

 

相互RSS様おすすめ記事