ピックアップニュース

ドンキーコング【ファミコン Switch Online】

 

ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Onlineでプレイできるソフトをレビュー

ドンキーコング

任天堂

発売日 1983.7.15

障害物を跳び越え、ドンキーコングからレディを救う。

このタイトルは、1983年に発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲームです。ドンキーコングにさらわれたレディを助けるため、建設中のビルに乗り込んだマリオ。ドンキーコングが投げてくるタルをかわしたり、おじゃま虫をハンマーで倒したりしながら、画面上部のレディを目指して進みます。3面目ではドンキーコングと対決できます。

(ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Onlineの説明より引用)

ドンキーコング

 

 

概要

ファミリーコンピュータのローンチタイトルのひとつ。アーケード版のファミコン移植版。容量の問題から1面削除されている。

スマブラシリーズでもおなじみのハンマーが登場。敵キャラを倒すことができる。

2面はスマブラステージ『75mのモデル。ジャッキが飛んでくるのも原作再現。

1面、2面は上部のレディの所にたどり着いたらクリア。

3面でドンキーコングと直接対決。ボルトの上を歩いてボルトを抜き、ドンキーコングを落とすという戦い方。

そしてレディを救出したかと思えば何事もなかったかのように1面からループ。ひたすらループするゲームは初期ファミコンあるある。

現在でもジャンプアクションとしての評価が高い。

アーケード版は『アーケードアーカイブス ドンキーコング』Nintendo Switchで配信されている。

 

ゲームモード

1 PLAYER GAME A 通常の1人プレイモード

1 PLAYER GAME B Aよりも難しい

2 PLAYER GAME A ゲームオーバーになる度に交代する2人プレイモード

2 PLAYER GAME B Aよりも難しい

2人同時にプレイしたり片方がドンキーコングを操作してマリオと対戦…ということはできない。

 

主な登場人物

マリオ アーケード当時の名前はジャンプマン。攫われたレディを救うためドンキーコングを追う。

ドンキーコング 元々はマリオのペットだったが相手にされなくなったので嫉妬して(?)レディをさらった。樽を投げたりして攻撃するが本人はマリオと遊びたいからじゃれているだけなのかもしれない。スマブラやマリオカート、マリオパーティなどのドンキーコングとは違うコング

レディ マリオの恋人。ステージに落ちているバッグや帽子などは彼女のもの。ポリーンと同一人物という設定。

 

感想

操作はシンプルに移動とジャンプのみ。操作にあまり癖がないためスムーズに遊べると思います。初心者でもすぐに一周クリアできる。

やや単調だがファミコンのムック本やファンサイトでも高い評価を得ており現代でも遊べる1本。

 

※随時追記予定。 ガチ勢からの攻略情報などのコメントお待ちしております。

 

 

 

相互RSS様おすすめ記事