ピックアップニュース

マリオブラザーズ【ファミコン Switch Online】

ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Onlineでプレイできるソフトをレビュー

マリオブラザーズ

任天堂

発売日 1983.9.9

敵をひっくり返して、けり落とす。マリオシリーズの第1作。

このタイトルは、1983年に発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲームです。マリオやルイージを操作して、パイプから出現する敵を床下からパンチし、ひっくり返ったところをけり落として退治します。2人プレイでは、協力して敵を倒したり、邪魔しあったりと、いろいろな楽しみかたができます。

(ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Onlineの説明より引用)

マリオブラザーズ

 

概要

記念すべきマリオシリーズ第1作目。マリオの名を冠した初のゲーム。配管工のマリオとルイージが下水道にいるカメ、カニ、ハエなどを退治していく。元々のマリオの職業は大工だったが「配管工」というイメージが定着した。

スーパーマリオブラザーズのように敵を踏みつけて倒すことはできない。下からジャンプしたりPOWブロックを使ってひっくり返してから蹴り飛ばして倒す。

ルイージが初登場。ただの2Pキャラクターなので能力に差はない。

PHASE99までクリアしたらPHASE100以降もある。エンディングがなくループするゲーム。ずっと配管工として働くことができる…ブラック?

スマブラステージ『マリオブラザーズ』の元ネタ。

移植元の「アーケードアーカイブス マリオブラザーズ」がSwitchで販売中。

 

ゲームモード

1 PLAYER GAME A 1人用モード

1 PLAYER GAME B

2 PLAYER GAME A 2人用モード

2 PLAYER GAME B

このゲームは2人で同時プレイできる。協力してステージクリアを目指そう。

…だがプレイヤー同士に衝突判定がある。この性質を利用してお互いに足を引っ張りあって対戦ゲームとして遊ぶことも可能。

もちろん相手が普通にクリアしようとしているのに邪魔すれば険悪な空気になる可能性も…。「友情破壊ゲーム」の代表格となった。

アーケード版には「協力し合うか、それとも裏切るか…」の文があった…

 

感想

下からひっくり返して上段に上がり蹴っ飛ばすという一連の流れが上手くいったときは爽快感がある。

シンプルなゲームだがやや難しい。特にジャンプの挙動が難しい。ジャンプしてからの調節ができないので現代のゲームに慣れていればいるほど苦戦しやすい印象。

1人でプレイするとやや単調に感じるが、2人同時プレイでの裏切りバトルは現代でも盛り上がるはず。

 

※随時追記予定。 ガチ勢からの攻略情報などのコメントお待ちしております。

 

相互RSS様おすすめ記事